オペレーター増員なしの放棄呼ゼロ対策。バーチャルキューで 「つながる」コールセンターへ

virturalqueue-wp-eyecatch

お客様のコールセンターに対する不満の第一位は、電話がつながらないこと、つながった後も待たされることです。

問い合わせが多い時間帯にオペレーターが不足すると、大量のあふれ呼、長時間の待ち呼が発生し、それが放棄呼となってしまいます。お客様は知りたい情報を得ることができず、ネガティブな感情が残ってしまいます。

この放棄呼の問題は、ビジネス機会の損失やお客様からの信用低下のみならず、イライラしたお客様に応対せざるを得ないオペレータのストレス増大から、離職率の上昇、採用・教育コストの増大といった問題にもつながっていきます。

しかし、オペレータを増員することは、人件費などの観点から、必ずしもベストな放棄呼対策といえません。オペレータ増員に頼らず、お客様と企業側双方にとってメリットのある放棄呼の削減対策はあるのでしょうか。

以下のホワイトペーパーでは、その一つの選択肢となる「バーチャルキュー」の利用についてご紹介します。

コールセンターの放棄呼対策にバーチャルキュー
ホワイトペーパー
バーチャルキューで「つながる」コールセンターへ。
オペレーター増員なしの放棄呼ゼロ対策。

以下のフォームに必要事項を入力し、ご送信ください。
折り返しのメールにて、資料のダウンロードリンクをご案内いたします。

    *企業名

    *部署名

    *ご担当者氏名

    *役職

    *メールアドレス

    *電話番号

     弊社の「個人情報保護方針」に同意する